| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【宇宙戦艦ヤマト復活篇】>完成披露試写会

11月28日(土)の事だが『宇宙戦艦ヤマト復活篇』の
完成披露試写会に行きました。
一月近く経ってしまい記憶もうすれてきていますが
覚えているかぎりレポしたいと思います。

場所は「東京国際フォーラム」。
友人と現地で待ち合わせ。
B1にエクセルシオールがあるとのこでそこで待ち合わせする事に…。
しかし、国際フォーラム分かりづらいよーん。
エクセルシオールがなかなか見つからず(友人も同様)
やっとのことで発見!
こういう時には本当に携帯電話があってよかったと思うよ。
あんまり張切ってもいなかったので開場時間ギリギリに行く。
なので席は2階の前から3番目くらいで左の方でした。
でも1階の後ろよりは観やすかったのではないかと思う。
開演時間になり司会者の女性が舞台に登場!
「26年ぶりについに復活しました!」とか何とか言っていたか?
少しの説明をした後、すぐに映画の上映になりました。
以下、内容です。
あまりネタバレしないようにと思いますが
これから観ようと思われている方はご注意ください。












第一印象はCGは頑張ってたのかなという感じ。
ヤマトももちろんフルCG。
だけど波動砲はなんで青なんだ?素朴な疑問。
赤の方がいいよねぇ。

そして、ストーリーですが地球の(何度目の?)危機っていうことで
ヤマトが必要なんだ!って復活して最初はよくわからん敵と戦うのだが
戦うシーンにクラシック流しちゃったりしちゃう
ちょっとやぼったい演出は西崎氏の趣味なんだろうかね…やはり。
で、特攻野郎ばかりで少し悲しくなる。
みんなでもっと力を合わせようよーと思っちゃったりしました。
試写会では結末が2種類用意されていて
観た人に選んでもらうという企画になっていた。
結末は本当にネタバレになるので書きませんが…。

あーでもしょっぱな「無限に広がる大宇宙……」と
羽佐間道夫さんのナレーションではじまるのは懐かしすぎる。
あぁヤマトなのね…としみじみしてしまったよ。
そして上にも書いたけどよくわからん敵ですが
まあ宇宙人なんだけどさ
終盤あたりに少し正体が明かされるのだけど
あの「ゾア」かと思っちゃったよ(笑)。
こんなん思ったのわしだけか?
宇宙の意思がどうのこうの(記憶が定かじゃないですが)
言ってたような気がするし。
え?ボルテックス?分かる人には分かる…。

で、この復活篇ではヤマトのオリジナルメンバーと言うのかな
古代君はもちろん、奥さんになった雪。
真田さん。佐渡先生とミー君とアナライザー。など登場してます。
みんなもちろん年を重ねたキャラで登場。
古代君のオリジナルの声優さん富山敬さんは亡くなっていて
今回は山ちゃんこと山寺宏一さんが演じています。
いやぁ違和感全くナシ!
素晴らしい!きっと富山さんの古代君を意識しつつ
年を重ねた感じを出して演技したのだと思う。
山ちゃんってスゴーい!
佐渡先生とミー君とアナライザーにはちょっとしんみり。
キャラが全然変わっていなくて良かった。
この人は仕事ちゃんとやっているのだろうかっていう
新しい謎なキャラおりましたが。
でも全体的にはなかなか楽しめました。
お金を払って観に行くかと聞かれたらわしは行かないとは思うけど。

試写会上映が終わって再び司会者の女性が舞台へ。
そして西崎氏が登場!
最初かなりよろよろと歩いていて
「えぇ!こんなに老けたの?」とビックリしたのですが、
肋骨を折るケガをしてしまい歩くのが大変という事でした。
今は車いすで移動しているらしいのだけど
完成披露試写会なので頑張って歩いて来たのだそう。
そしてインタビューでは感極まって涙ぐむシーンも…。
本当にヤマトが好きなんだなこの人は。
まあ色々とあったけどこの情熱はスゴいと思いますよ。

あとゲストに「ささきいさお」さんが登場し
「宇宙戦艦ヤマト」「真っ赤なスカーフ」の2曲を熱唱。
素晴らしいお声(感動)。
ささきさんの歌が聴けただけでも来た甲斐がありましたよ。
そしてとってもいい人。
復活編ではアルフィーが主題歌を歌っており
全く関わっていないのに報道用の写真とかにこやかに撮っていたり
お人柄が伝わってきました。
最後にほのぼのとした気分になりよかったわー。
こちらで見れまっせー↓
http://www2.toho-movie.jp/movie-topic/0911/12yamato_fukkatsu_kh.html

画像は当日配っていたパンフレットなど。
その中には「宇宙戦艦ヤマトクルー任命証」なるものが入っておりまして
わしのは「コスモパルサー隊」でした。
何種類かあったみたいですよ。
友人はグリーンのだったな(何だかは忘れた)。


スポンサーサイト

| 映画 | 18:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【犬と猫と人間と】

こんな映画が上映されます。

【犬と猫と人間と】

これはドキュメンタリーです。
ペット大国日本の現実。
毎日処分される犬や猫。
でも辛い、悲しいばかりではなく少しでも希望があると信じたい。
捨てるのも人間…だけど救うのも人間なのだから。
ぜひ多くの方に観てもらいたい。
こんなショボイブログだが少しの人でも知ってもらえれば…。
公開情報など詳しいことはオフィシャルサイトへ。




予告編


【犬と猫と人間と
】オフィシャルサイト

| 映画 | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【天使と悪魔】

映画「天使と悪魔」を観に行った。
なかなか面白かったよ。
ダヴィンチコードも観たけどそれよりも分かりやすく面白かったと思う。
純粋にサスペンスとして楽しめました。
ヴァチカンが舞台で教皇候補の殺人されていくという信者にはかなりキツい映像なのでは。
ロケはローマの街で教会を中心に撮影されていてすっかり行きたくなりました。
しかしヴァチカンの警備の制服は何度観てもイケてないと思うのはわしだけか(笑)。
オレンジとブルーのストライプってどうもなぁ。

作品ですがサスペンスのお好きな方ぜひおススメです。ユアンも出てるしw。

ここからちとネタバレ叫びます。
注:文字を反転してください。あくまでも自己責任でお願いします。
すみません。スクロールするとバックの空にかかって見えてしまいますので注意してください。
バック画像を外しましたが再読み込みしないと反映されてないかもしれませんので
お手数ですが再読み込みお願いしますm(__)m。


やっぱりもろネタバレなのでなくしました。

ややこしいことしてすみません〜m(__)m。

ところで、関係ないけど今日は少し肌寒い。
朝、猫団子が出来てました。


| 映画 | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【鑑識・米沢守の事件簿】>プレミア試写会

9日(月)に『鑑識・米沢守の事件簿』のプレミア試写会に行って来ました。
この映画はテレビ朝日のドラマ相棒の初のスピンオフムービー。
相棒は数える程度しかみたことがないけど予告編をみて
面白そうだなと思った作品です。
しかも、主題歌はエレファントカシマシ。
こっちの方がわしにとっては重要か(笑)。

プレミア試写会なので出演者の方々の舞台挨拶がありましたよ。
主演の六角精児さんを初め相棒シリーズには初出演の萩原聖人さんも来ました。
この作品には友情出演ぐらいな感じでしたが水谷豊さんも来ましたよ。

でっ! な・なんとエレカシの宮本がーーーー!!!!!
一気にテンションアゲアゲっす!
こんなことなら前の方の席にしとけばよかったよぅ。
開演ギリギリに着いたので席は1番後ろ。
ハジッコなら前から2番目(バラ席)とかあったのだが
首が痛くなること必須なので避けたのだった。

宮本は司会者の方から「六角精児さんの印象は?」などいくつか質問され
「なんてゆうかですね…役者としてすばらしく…うんぬん」とかなんとか
手を大きく振って語るいつもの宮本節。感動です。
会場が宮本色に一気に染まってしまった。

後で知ったのだが舞台挨拶の前に映画館のスペースで
イベントがあったみたい。
そこにも宮本がいたようです。
映画の公式サイトなんてチェックしていなかったからなぁ。
イベントの様子は公式サイトのブログでみれます。

そして映画ですがネタバレになるので内容には触れませんが
なかなか面白かったです。
ちょっとしたドンデンが最後にあります。サスペンスですからね。
最後の解決方法は少し不満でしたが。
ロケ地が上野、御徒町、浅草あたりが多くその辺も親しみやすかった。
上野公園の蓮見茶屋で団子食べてました。



こんなパンフレットをもらいました。
レポート用紙を模していて中々凝ってます。



エレカシもばっちり載ってますよ。
主題歌ですが「絆」という曲でとっても良い!
切ない歌詞。泣けるーーー。
編曲が壮大ですー。こういうのも良いなーー。
絆のブログパーツを置いたので興味ある方はどうぞー。

| 映画 | 20:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーマイガーッ

映画『クローバーフィ−ルド』を観た。
ネタバレになってしまうのでヘタな事書けないがちと感想を…。
公式サイトトップに出てくる注意書きにもあるように
ホームビデオで撮った風の演出なので揺れまくりの画面。
で、酔うかもとちょっとドキドキだったのですが何とか大丈夫でした(ホッ)。
なんせ、かつて『ファイヤーフォックス』で酔ったわし…(何年前の話じゃ)。
あの空中戦で酔ったのだ。

感想ですが、面白かったー。わしは好きです。
HAKAISYAと副題が付いているくらいだから破壊者が出てくるのですがね。
全編、ホームビデオで撮影しその場に居るかと思わせる演出。
新し感はないけど最後までドキドキでした。
わしは単純なのでー。
「オーマイガーッ」ってわしも思わず叫ぶ。



追記:全然関係ないけど今日はオザケンの誕生日だったのですー。
    おめでとう!!

| 映画 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。